Profile

提供: 帰山栄治作品解説集
2018年9月24日 (月) 07:26時点におけるKumeuchi (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

 名古屋大学ギターマンドリンクラブ第6代指揮者。同期のコンサートマスターが榊原喜三氏。作曲を中田直宏氏に師事。名古屋マンドリン合奏団の指揮者、いくつかの学生マンドリンクラブの指導、マンドリン及び合唱コンクールの審査員など。作曲作品は、マンドリン音楽のほか、ギター合奏曲、邦楽、室内楽、独奏曲、歌曲、合唱曲、劇音楽、舞踊音楽など百数十曲。マンドリン合奏への編曲作品も二百数十曲あり、特に、ロシア民族楽器オーケストラ曲の紹介に注目すべきものがある。

 1981年名古屋市芸術奨励賞受賞。1984年及び1988年、名古屋マンドリン合奏団と共に団長兼指揮者としてソ連(当時)公演。同合奏団の1992年の中国公演と1996年のオーストラリア公演に音楽監督兼指揮者として参加。1997-2004年、マンドリン合奏トレーニングのためのEnsemble ESCHUEを主宰指導。2004年に「カエリヤマファイナルコンサート」を開催。


追記

 1982年8月にも、名古屋マンドリン合奏団と共に指揮者として中国公演に参加している。南京市延安劇場にて、「南京市歌舞団」(現「南京民楽団」)とジョイントコンサートを行なった。 (鶴原)


メインページ